一般歯科

予防歯科

予防歯科とは

歯が痛くなってから、治療を受けている方が多いですが、これからの治療は、歯が悪くなる前に、健康な状態を保つ事が大切と考えています。予防歯科とは虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にならないように、歯科医院でのケアや、おうちでのケアをすることをいいます。

毎日しっかり歯磨きをして、歯についた汚れをキレイにしていれば、虫歯や歯周病は防ぐことができます。
しかし、「磨いている」と「磨けている」とは違います。
ご家庭で歯を磨いている人は、たくさんいますが、しっかり磨けている人はほとんどいないようです。
予防歯科では、歯のお掃除をすることで、口の中をもっともよい環境にし、虫歯や歯周病を予防します。

ご家庭ではどうしても落とせないような汚れを、歯科医院でPMTCと呼ばれる歯のクリーニングで専用の器械や薬剤を使って落としたり、正しい歯の磨き方の指導を受けることが予防歯科への近道といえるでしょう。

PMTCとは

歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。
歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1〜3mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。
PMTCをすることによりツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。

PMTCとはお口の健康維持のための環境作りを目的とした処置です。
特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方にお勧めです。

【PMTCの効果】

一般歯科

虫歯治療

当医院では、患者様の負担が少ない治療、できるだけ歯を残す治療を心がけております。

レジン(充填)

レジンとは、虫歯の部分を削った後に詰める樹脂のことで、保険治療の際、最もよく行なわれる治療法です。
また、レジンは虫歯治療だけではなく、欠けた歯の形態を回復したり、歯に盛り足してすきっ歯を治したり、
金属の部分をレジンに置き換えて金属アレルギーの予防や審美的な改善など、様々な用途で頻繁に使用されています。
虫歯の小さい時に、レジンにより最小限の削りで詰める事が可能になりました。

レジンのメリット

  • むし歯の部分だけ削ればよいこと(歯の削除量を最小限にできます)
  • 色が歯に似ているので見た目が良い
  • 多くの場合、保険で治療することができる
  • 治療期間が短い(多くの場合、1〜2日で治療が終わる
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない

レジンのデメリット

  • 金属と比べすべり易い
  • 長期にわたると黄ばみやすい

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)は、歯を支えている骨や歯茎の病気です。
歯と歯茎の境目に細菌が付着することで、歯茎に炎症が起こり、進行すると歯茎や骨が失われ、歯を支えられなくなって歯を失ってしまいます。
歯周病治療には患者様の積極的な「治療」と「再発予防」への参加が不可欠であり治療終了後もホームケアとクリニックでの定期的なメインテナンスをお勧めいたします。